タイトル画像

  トップページへ

 ■着用手づくり甲冑

手づくり甲冑/天

手づくり甲冑/地

手づくり甲冑/雲

手づくり甲冑/山

手づくり甲冑/影

手づくり甲冑/翔

兎耳形兜 
畳み兜
ピンクの甲冑
手づくり太刀
手づくり火縄銃

 ■壁掛け兜

壁掛け兜/壱
壁掛け兜/弐
壁掛け兜/参
壁掛け兜/四
壁掛け兜/五
壁掛け兜/六

 ■手づくりミニ甲冑

ミニ甲冑/い
ミニ甲冑/ろ
ミニ甲冑/は
ミニ甲冑/に
ミニ甲冑/ほ
ミニ甲冑/へ
ミニ甲冑/と
ミニ甲冑/ち
ミニ甲冑/り
ミニ甲冑/ぬ
ミニ甲冑/る
ミニ甲冑/を

 ■デスクトップ兜

大角兜
朱塗兜

 ■いろいろPhoo

いろいろPhoto

 ■製作記

天の製作記
地の製作記
雲の製作紹介
山の製作記
影の製作記
翔の製作記
ミニ甲冑の製作記

 ■手づくりヒント集

はじめに
材料と用具
製作の共通事項
兜をつくる
胴をつくる
大袖をつくる
籠手/脛当をつくる
面頬をつくる
佩楯をつくる
鎧櫃をつくる
参戦!

 ■ミニ甲冑をつくる

ミニ甲冑をつくる

 ■デジタル図鑑

デジタル甲冑図鑑
 ■参戦記 
参戦記



兜をつくる

  

検索サイト等から直接にこのページにこられたときは・・・
    あらかじめ はじめに 材料と用具 製作の共通事項  の各ページをご覧ください。

ヘルメットや塩ビシートなどで筋兜または桃形兜をつくるヒント集です。項目は以下のとおりです。

兜の構成
兜鉢をつくる [筋兜・桃形兜共通]
筋兜への加工
桃形兜への加工
眉庇の取り付け・塗装
しころをつくる [筋兜・桃形兜共通]
前立をつくる

筋兜のイメージ 桃形兜のイメージ
手作り兜の作り方
手づくり甲冑「山」 手づくり甲冑「地」
兜の構成

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる

手作り兜の作り方

兜の構成イメージ図です。

イラストは筋兜の素掛威しころ ▼画像は桃形兜と毛引威表現のしころです。基本的な構成は同じです。

▼ 兜鉢をつくる [筋兜・桃形兜共通]

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる

手作り兜の作り方

ヘルメットの内側の帯をすべて取り除きます。

ヘルメットの内側に成型された突起もニッパー等で切り取り、カッターナイフで削った後にサンドペーパーでみがきます

手作り兜の作り方

   

手作り兜の作り方

ヘルメットの下端は張り出しているので、このまま兜の「しころ」を取り付けると、飛び出してすき間ができるので張り出している部分を切り取ります。

手作り兜の作り方

張り出している部分の上のラインのところで切り取ります。

赤色が切り取る部分です。

手作り兜の作り方

前の庇(ひさし)の部分は、そのまま庇として利用するので左右と後の張り出しを切り取ります。

手作り兜の作り方

赤色が切り取る部分です。

手作り兜の作り方

上から見たイラストです。庇部分は約20cmを残します。

赤色が切り取る部分です。

手作り兜の作り方

マジックなどで線を引いて切り取ります。

木を切るふつうののこぎりで切れます。ただし赤で囲んだ部分は糸のこぎりで曲線に切ります。

切れたら、青で囲んだ部分のエッジをカッターなどで削ります。

切り口はサンドペーパーで仕上げます。

切断後(次の工程に進んでいますが・・・)の参考画像です。

 
筋兜への加工

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる

手作り兜の作り方

筋兜の場合は頂部に直径約18mm程度の穴をあけます。位置は中心より少し前方です。

最初から18mmのドリル刃であけると割れることがあリます。最初に3mm程度の小さな穴をあけ、順次大きな刃径で穴を大きくします。

手作り兜の作り方

下の端から約20mmの位置にビニール被覆コードを貼り付けます。

所々を液体瞬間接着剤で接着してから、全体のすき間に液体瞬間接着剤を軽く流し込んで接着します。

つなぎ目は目立つので後側にします。

手作り兜の作り方

同様に、ビニール被覆コードを縦に液体瞬間接着剤で貼り付けます。

まず上下端を接着し、次いで中間位置を接着し、最後に全体のすき間に液体瞬間接着剤を軽く流し込んで接着します。

筋兜は三角形の鉄板をつないだ構造で、16枚の鉄板なら10間、32枚を32間と言いますが、好みでこの間数のコードを張ります(イラストは省略しています)。

手作り兜の作り方

#600〜#1000程度の細かいサンドペーパーで全体をみがき、ナイロンタワシに台所の中性洗剤などをつけてゴシゴシと洗います。

コードを張り終えたヘルメット32間筋兜の製作途上です。左のU型のものは、切り取った端部です。

手作り兜の作り方

兜の天辺の八幡座をつくります。取付は塗装後です。

手作り兜の作り方

 


左の八幡座をイメージしてプラスチック板を切り抜き、金属プライマーを塗ったワッシャをボンドG-17で貼り付け、塗装後に兜の穴にあわせてボンドG-17で接着します。

プラ板とワッシャの八幡座です。

手作り兜の作り方

         ▼

手作り兜の作り方

 
桃形兜への加工

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる

手作り兜の作り方

下の端から約20mmの位置にビニール被覆コードを貼り付けます。

所々を液体瞬間接着剤で接着してから、全体のすき間に液体瞬間接着剤を軽く流し込んで接着します。

つなぎ目は目立つので後側にします。

手作り兜の作り方

厚紙でヘルメットのカーブにあわせて型紙をつくり、2mm厚のプラパンでイラストのような板を作ります。

インターネットホームページで桃形兜の画像がたくさんヒットするので、参考にして自分のイメージでつくります。

手作り兜の作り方

プラパンの部材をボンドG-17で接着し、完全に接着するまでガムテープで固定します。

必要に応じて(デザインにあわせて)黒マジックで目安の位置を描き、コードをボンドG-17で貼り付けます。

手作り兜の作り方

パテで成型します。

成型のすべてをパテで行うことは不可能なので、細く切ったプラパンを張り合わせた芯材を接着してパテで成型します。

ティッシュペーパーにラッカーシンナーを染みこませ、ときどき周辺に付着した不要なパテを拭きとります。

パテが乾燥したら#240くらいのサンドペーパーで成型の仕上げ研磨を行います。

手作り兜の作り方

コードのすき間はイラストのようにポリパテで埋めます。

ティッシュペーパーにラッカーシンナーを染みこませ、ときどきコードや周辺に付着した不要なパテを拭きとります。

成型とパテ埋めを終えたら、#600程度の細かいサンドペーパーでみがき、ナイロンタワシに台所の中性洗剤などをつけてゴシゴシと洗います。コードの付け根は古い歯ブラシで洗います。

   
眉庇の取り付け・塗装 [筋兜・桃形兜共通]

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる

ヘルメットの庇が小さい場合は、塩ビ板または厚紙を張り合わて作った眉庇をボンドG-17等の接着剤で張り合つけます。

眉庇はヘルメット前面のカーブに合うように加工します。
厚紙で作る場合は、サンディングシーラー等で硬化と塗料の浸透防止処理を行います。

手作り兜の作り方

全体にサーフェーサーを吹きつけ、乾いたら塗装します。

人工うるしで塗装するときは筆塗りです。

筋兜の場合は、コードのすき間に塗料が流れ込むように少し厚めに塗装します。

流れ込んた塗料がパテの役目になります。

人工うるしで塗装すると、粘性度が高いので自然に埋まります。
   
しころをつくる [筋兜・桃形兜共通]

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる

手作り兜の作り方

塩ビシートで「しころ」をつくります。厚紙で型紙を自作し、マーカーで塩ビシートに型を引いて裁断します。
参考型紙はこちら [ PDFファイル ]

しころのかたちは微妙なので、型紙をつくるときは左の画像やほんものの写真などを参考にします。
参考画像はこちら


@の板は吹き返し部分を一体につくります。

塩ビシートが切れたら、穴をあけます。
しころの穴あけの位置参考図はこちら

手作り兜の作り方

切り取った塩ビシートの1の板の両端をお湯加工で折り返し、吹き返し形状にしてからヘルメットの曲線に沿うように湯加工で曲げます。

手作り兜の作り方

手作り兜の作り方

2〜5の板は同一の曲げ具合ではないことに注意して曲げます。

しころの曲げ加工を終えたら、しころの裏面を「つやけし」、表面を塗装します。

折り曲げを表現するため、左の写真の赤線で示した➁〜Dの板のの上部に1mmの ビニール被覆コードを瞬間接着剤で貼り付け、すき間にパテを埋めます。

ティッシュペーパーにラッカーシンナーを染みこませ、ときどきコードや周辺に付着した不要なパテを拭きとります。

すべてのパテ埋めを終えたら、#600程度の細かいサンドペーパーで全体をみがき、ナイロンタワシに台所の中性洗剤などをつけてゴシゴシと洗います。コードの付け根は古い歯ブラシで洗い、乾かして塗装します。

 

手作り兜の作り方

しころを平紐で威します、

素掛威の威し方は素掛威の威し方
毛引威の威し方は揺糸の威し方 を応用します

威し作業が完了したら、試しにヘルメットの横方向に接着したコードの下側にしころの上を合わせてみます。

庇の端の部分がしころに接触するようであれば、この部分を削ります。

庇が大きすぎてバランスが悪いようであれば、庇をのこぎりで切って整形修正します。

手作り兜の作り方

塗装が乾燥したら、ヘルメット本体にしころを押さえつけながら、しころを取り付ける穴(径3.2mm)をドリルで貫通させます。

位置は画像の黄色の矢印で示した4ヶ所。しころの@の板の上端から1cm下です…左下画像も参考。

貫通したら六角穴付きボルトを通し、内側からナットで固定します。

  しころを押さえつけながら穴を貫通させると穴の位置がずれません。

手作り兜の作り方

次に前画像の白の矢印で示した3ヶ所に緒を通す紐を取り付ける穴(径3.2mm)を1cm間隔であけます…左画像参考。

長さ約5cmの平紐を通し、縛って輪にします。

手作り兜の作り方

内側に、ホームセンター等にある厚さ1cmの粘着テープのついたスポンジを張り、実際にかぶってみながら、必要に応じてスポンジを重ね、厚みを調整してから、ボンドG-17で布を張ります。

3ヶ所の輪に兜の緒用の紐を通します。

ドライヤーなどでしころをゆっくりと暖めながら曲げ、形状の最終修正を行います。

   
前立をつくる [筋兜・桃形兜共通]

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる

手作り兜の作り方

厚み1.2〜2.0mmのプラパンで前立を切り抜いて前立をつくります。

繰半月と呼ばれる三日月の形状であれば、コンパスを使わなくても、台所のお皿で型取りができます(!)。

鍬形などの場合は、パソコンで描画した左右対称の型紙でプラパンを切り抜きます。

型取りができたら、はさみで裁断し、サンドペーパーで切り口をみがいて金色で塗装します。

手作り兜の作り方

ほんものは角元という金具で前立を取り付けますが、厚さ2.0mmのプラパンでソケット方式の取り付け部をつくります。
寸法図はこちら

手作り兜の作り方

▲このページのトップへもどる 
▲このページのメニュー位置へもどる
▲イラストでの選択ページへもどる