タイトル画像

  トップページへ

 ■着用手づくり甲冑

手づくり甲冑/天

手づくり甲冑/地

手づくり甲冑/雲

手づくり甲冑/山

手づくり甲冑/影

手づくり甲冑/翔

兎耳形兜 
畳み兜
ピンクの甲冑
手づくり太刀
手づくり火縄銃

 ■壁掛け兜

壁掛け兜/壱
壁掛け兜/弐
壁掛け兜/参
壁掛け兜/四
壁掛け兜/五
壁掛け兜/六

 ■手づくりミニ甲冑

ミニ甲冑/い
ミニ甲冑/ろ
ミニ甲冑/は
ミニ甲冑/に
ミニ甲冑/ほ
ミニ甲冑/へ
ミニ甲冑/と
ミニ甲冑/ち
ミニ甲冑/り
ミニ甲冑/ぬ
ミニ甲冑/る
ミニ甲冑/を

 ■デスクトップ兜

大角兜
朱塗兜

 ■いろいろPhoo

いろいろPhoto

 ■製作記

天の製作記
地の製作記
雲の製作紹介
山の製作記
影の製作記
翔の製作記
ミニ甲冑の製作記

 ■手づくりヒント集

はじめに
材料と用具
製作の共通事項
兜をつくる
胴をつくる
大袖をつくる
籠手/脛当をつくる
面頬をつくる
佩楯をつくる
鎧櫃をつくる
参戦!

 ■ミニ甲冑をつくる

ミニ甲冑をつくる

 ■デジタル図鑑

デジタル甲冑図鑑
 ■参戦記 
参戦記
 ■参戦記 
参戦記



手づくり甲冑「天」の製作記

2008.4.5  

■ 厚紙の手づくり甲冑「天」の製作 (の一部の) 記です。

甲冑の製作写真

紙の甲冑づくりは、厚紙を切って、曲げて、ボンドで張り合わせて、塗装します。

後胴、前胴、冑が塗り終わったところです。

甲冑の製作写真

穴を開け、装飾具などを取り付けて胴の基本ができました。

甲冑の製作写真

胴以外の部分も塗装します。

塗料が完全に乾くまでの2週間くらいは、部屋のなかはこんな状態で足の踏み場もありません!

甲冑の製作写真

乾燥したら、各部品にドリルで穴をあけます。

その数約1400ヶ所 …途中で目の焦点が合わなくなってきます。

甲冑の製作写真

各部品を、本絹の紐で編みます。この作業を「威す」(おどす)と言います。

平紐なので、方向に気をつけて、あっちに向けたり、こっちに向けたりしながら編んで行きます。

空けた穴の数が約1400ヶ所ですから、ひたすら 約1400ヶ所に紐を通していきます。根気です。

甲冑の製作写真

胴の下につける草摺の威し作業の途中です。

上下にずらーと空いている穴にも、これから紐を通します。

甲冑の製作写真

甲冑の製作写真

胴と草摺(くさずり)を平紐でつなぎます。この部分を「ゆるぎ」といいます。

装飾金具や房などを取り付けて、胴ができました。ネットショップで買った龍のカッティングシートを張りました。

こちらは後胴です。

甲冑の製作写真

甲冑の製作写真

左右の大袖もできました。

細かい部分は、威紐を買って自分なりにアレンジしています。

甲冑の製作写真

兜もできました。前立はプラスチックの板でつくり、金色ラッカーをスプレーしました。

甲冑の製作写真

兜を後から見たところです。

甲冑の製作写真

面頬をつくります。材料はもちろん紙です。

ファイル紙がベースの成形です。

甲冑の製作写真

完全に乾いたら、スプレー塗料を吹きつけます。

プラスチックの金歯や古い筆の髭もつけましたねずみ みたいやなぁ…?

甲冑の製作写真

■ 裏面は赤色塗装です

甲冑の製作写真

喉を守る垂をつくって取り付け、頭に縛るひもを取り付けて面頬のできあがりです。

兜をのせると、こうなります。
甲冑の製作写真
甲冑の製作写真

籠手や脛当をつくります。

籠手や脛当の製作にあたっては、An Online Japanese Armour Manualという英文サイトの型紙を利用させていただきました。
手作り甲冑


ネットショップで買ったちょっと古風なデザインの布に裏地をつけて、別に作った部品を貼り付けます。

甲冑の製作写真

鎖をつくります

針金をボールペンの芯に巻いて、ニッパーで切り取り、直径3mmくらいの針金の輪をつくります。

甲冑の製作写真

針金の輪を、糸が裏地に出ないようにして針と糸で一個づつ縫いつけていきます。 

甲冑の製作写真

紐などを取り付けて、籠手ができました。

甲冑の製作写真

脛当も同じ製作工程です。


ほんものでは、膝の部分に「亀甲金」(きっこうがね)という鉄板が縫いこんでありますが、この鉄板は省略して、100円ショップで買ってきたランチョンマットをタコ糸と縅紐で縫いつけました。

馬にまたがったときに馬の腹を傷つけるため、ほんものでは下部の内側に皮が張ってあるので、100円ショップでレザーのシステム手帳を買ってきて、バラして張りました。

甲冑の製作写真

佩楯も同じ要領でつくります。

佩楯の威紐は少し細い糸を使いました。

甲冑の製作写真

甲冑の製作写真

甲冑を入れたり、飾るときの台にもなる鎧櫃(よろいびつ)をつくりました。

材料はベニヤ板ですから、サンディングシーラーを塗ってカチカチにして、電動サンダーで磨き…スプレー塗装して…また磨いて…スプレー塗装して…をくりかえさないと、ピカピカになりません。


前面には家紋のカッティングシールを貼りました。  

▲このページのトップへもどる
このページのメニュー位置へもどる