タイトル

  トップページへ

 ■着用手づくり甲冑

手づくり甲冑/天

手づくり甲冑/地

手づくり甲冑/雲

手づくり甲冑/山

手づくり甲冑/影

手づくり甲冑/翔

兎耳形兜 
畳み兜
ピンクの甲冑
手づくり太刀
手づくり火縄銃

 ■壁掛け兜

壁掛け兜/壱
壁掛け兜/弐
壁掛け兜/参
壁掛け兜/四
壁掛け兜/五
壁掛け兜/六

 ■手づくりミニ甲冑

ミニ甲冑/い
ミニ甲冑/ろ
ミニ甲冑/は
ミニ甲冑/に
ミニ甲冑/ほ
ミニ甲冑/へ
ミニ甲冑/と
ミニ甲冑/ち
ミニ甲冑/り
ミニ甲冑/ぬ
ミニ甲冑/る
ミニ甲冑/を

 ■デスクトップ兜

大角兜
朱塗兜

 ■いろいろPhoo

いろいろPhoto

 ■製作記

天の製作記
地の製作記
雲の製作紹介
山の製作記
影の製作記
翔の製作記
ミニ甲冑の製作記

 ■手づくりヒント集

はじめに
材料と用具
製作の共通事項
兜をつくる
胴をつくる
大袖をつくる
籠手/脛当をつくる
面頬をつくる
佩楯をつくる
鎧櫃をつくる
参戦!

 ■ミニ甲冑をつくる

ミニ甲冑をつくる

 ■デジタル図鑑

デジタル甲冑図鑑
 ■参戦記 
参戦記



ミニ甲冑の製作記

2009.9.22 

■ ミニ甲冑の製作の紹介です。

手作り甲冑

ミニ甲冑の基本的な材料はファイル紙と塩ビシートです。

兜はファイル紙を切り取り、おわん型に貼り付けます。

手作り甲冑

内側には、補強のため、細く切った紙を木工ボンドで縦横に張ります。

手作り甲冑

ボンドが乾かないうちにお茶碗のなかに置き、すりこぎでゴリゴリと押さえつけます。

これで角がとれます…裏技!です。

手作り甲冑

形を整えて、造形材(パテで可)を塗ります。

手作り甲冑

乾いたらサンドペーパーで磨き、筋金の部分にたこ糸またはビニールコードを張ります。

もう一度造形材を塗り、乾いたら、サンドペーパーで磨きます。

手作り甲冑

塗装は水性スプレーです。

スプレー塗料を拭きつけ、乾いたら磨き、もう一度磨いて…を2回以上繰り返します…これでピカピカになります。

手作り甲冑

てっぺんの八幡座は、金属ワッシャなどを取り付けます。

兜のしころは、後に掲載している要領で、塩ビシートで作成し、威紐で取り付けます。

手作り甲冑

面頬もつくります。面頬や胴などは、ファイル紙の2枚重ねです。

手作り甲冑

2枚胴の仏胴の場合もファイル紙の2枚重ねでつくります。

塗装は、兜と同じように造形材の下地処理とスプレー塗装の2回以上仕上げです…ピカピカです。

手作り甲冑

肩上ももファイル紙を2枚重ねてつくります。

曲線部は、丸い棒をあてがってドリルで穴を開けます。

手作り甲冑

総威(毛引威)胴 の場合は、塩ビーシートでつくります。

手作り甲冑


{ 参考…実物 }

総威(毛引威)の場合、基本的には小札ですので、上端は△の凸凹になります…レーザーカッターがあれば簡単ですが、百万円近いレーザーカッターには手が出ないので、割り切って直線形状にします。

手作り甲冑

ファイル紙から型紙を作ります。

手作り甲冑

胴の形にあわせて曲げます。

手作り甲冑

型紙にあわせて、塩ビシート(0.5mm厚)にマーカーで線を引きます。

手作り甲冑

塩ビシートを切り取ります。

手作り甲冑

穴を開ける位置にマーカーで印をつけます。

手作り甲冑

これは前胴…半円です。

手作り甲冑

後胴は半台形です。

手作り甲冑

お湯に浸して曲げます。

手作り甲冑

塩ビシートを洗剤でよく洗って水生塗料をスプレーします。

手作り甲冑

威し作業がしやすいように、紐の先端は木工ボンドで細く固めます。

手作り甲冑

威し作業をはじめます。

手作り甲冑

4段をつなぐように威します。

手作り甲冑

胴の下部分の威しができました。右が前胴 左が後胴です。幅が異なりますが、塩ビシートなので自由に広がります。

手作り甲冑

前胴と後胴を脇の部分で威してつなぎます。

手作り甲冑

2枚胴ですから、ほんとうは片側だけですが、実際に着用するのではないので、両側ともつなぎます。

手作り甲冑

つないだ胴を上から見たところです。下が前 上が後です

手作り甲冑

胴の上部を作ります。前は2枚 後は3枚です。

手作り甲冑

胴の下部につないで威します。後も同様です。

手作り甲冑

塩ビシートを切り抜き、穴を開けて胸板をつくります。

手作り甲冑

胸板の塩ビシートの縁に、瞬間接着剤を使って単線の電気コードを張りつけます。

手作り甲冑

塩ビシートとコードの隙間にポリパテをすり込み、乾いたらサンドペーパーで磨きます。

手作り甲冑 金色の塗料を塗って縁金のようにします。
手作り甲冑

内側につや消しの塗料を塗ります。

ほんとうは布ですが、ほとんど見えなくなるので、塗装とします。

手作り甲冑

極細の筆で「菖蒲」の絵柄を書き込みます。

手作り甲冑

絵柄を描き終わったところです…適当です。

手作り甲冑

絵革を張ります。

似たような柄のハンカチを切り取って貼り付けます。

プリントクロスを利用してもいいかも…。

手作り甲冑

矢柄の紐があればいいのですが、無いので、タコ糸にマジックペンでそれらしく模様を書きます。

手作り甲冑

絵革の布の縁に、木工ボンドで糸を貼り付けて胸板のできあがりです。

手作り甲冑

できた胸板を胴の最上段の板に取り付けます。

耳糸用の威糸で菱縫にします。

手作り甲冑

背板も同様に作って取り付けたところです。

手作り甲冑

このままではぐらぐらなので、裏側に細く切った塩ビシートを前胴 後胴ともに貼り付けて固定します。

手作り甲冑

胸板と同様の方法で肩上をつくります。

手作り甲冑

肩上を内側から背板に接着します。

手作り甲冑

こはぜ(トグルボタン)をつくります。

1mm厚のプラ板に1.5mm間隔で2ヶ所ずつドリルで穴をあけます。

 

手作り甲冑

菱型のような形に切ります。

手作り甲冑

サンドペーパーで整形します。

手作り甲冑

金色の塗料を塗って乾燥します。

手作り甲冑

肩上と胴に紐を通し、こはぜを通して固定します。

手作り甲冑

金物をつくります。

主材料は手芸店で売られている宝石受の菊座です。

手作り甲冑

塩ビシートに瞬間接着剤で菊座を2個ずつ貼り付けます。

手作り甲冑

菊座の穴から塩ビシートを貫通させて穴をあけ、極小釘を通して瞬間接着剤で接着します。

手作り甲冑

飛び出した釘先をニッパーで切り取ります。

手作り甲冑

はさみで切り取ります。

手作り甲冑

金色塗料を塗ります。

手作り甲冑

金物を要所に貼り付けて、胴の完成です。

手作り甲冑

草摺をつくります…仏胴も総威も基本的には同じ要領です。

塩ビシートの穴を開ける位置にマーカーで印をつけ、ドリルで穴を空けます。

手作り甲冑

切り取って、湯で曲げます。これは前胴分です。

手作り甲冑

こちらは後胴分です。

手作り甲冑

威しを終えたところです。

手作り甲冑

胴に取り付けます…こちらは総威の場合です。

手作り甲冑

こちらは仏胴の場合です。

手作り甲冑

鎧櫃は5mm厚合板でつくります。

これも水性スプレーを吹きつけ磨いて…を3回くらい繰り返すとピカピカになります。

1回塗って、磨いたところです。

仏胴仕様(ミニ甲冑「い」)の詳細な製作方法はこのホームページのミニ甲冑をつくるに掲載しています。

▲このページのトップへもどる
▲このページのメニュー位置へもどる