タイトル画像

 トップページへ

着用手づくり甲冑

手づくり甲冑/天

手づくり甲冑/地

手づくり甲冑/雲

手づくり甲冑/山

手づくり甲冑/影

手づくり甲冑/翔

兎耳形兜 

畳み兜

ピンクの甲冑

手づくり太刀

手づくり火縄銃

壁掛け兜

壁掛け兜/壱

壁掛け兜/弐

壁掛け兜/参

壁掛け兜/四

壁掛け兜/五

壁掛け兜/六

手づくりミニ甲冑

ミニ甲冑/い

ミニ甲冑/ろ

ミニ甲冑/は

ミニ甲冑/に

ミニ甲冑/ほ

ミニ甲冑/へ

ミニ甲冑/と

ミニ甲冑/ち

ミニ甲冑/り

ミニ甲冑/ぬ

ミニ甲冑/る

ミニ甲冑/を

デスクトップ兜

大角兜

朱塗兜

いろいろPhoo

いろいろPhoto

製作記

天の製作記

地の製作記

雲の製作紹介

山の製作記

影の製作記

翔の製作記

ミニ甲冑の製作記

手づくりヒント集

はじめに

材料と用具

製作の共通事項

兜をつくる

胴をつくる

大袖をつくる

籠手/脛当をつくる

面頬をつくる

佩楯をつくる

鎧櫃をつくる

参戦!

ミニ甲冑をつくる

 
デジタル図鑑

デジタル甲冑図鑑

参戦記 

参戦記




手づくり甲冑「翔」の製作記

2019.11.3   

手づくり甲冑「翔」の製作の「部分」的な記録です。

手作り甲冑

兜の本体は工事用ヘルメットです。

縁を切り取ってビニールコードを張り、すき間をパテで埋めて整形しました。左が切り取った縁です。

ヘルメットが青色なのは・・・いちばん安かったからです!

手作り甲冑

■ 水性スプレー塗料を吹き付けました。

手作り甲冑

兜の頂部に取り付ける八幡座の材料です。

ファイル紙と金属ワッシャです。

手作り甲冑

張り合わせて金色に塗装すると、「らしく」なります。

手作り甲冑

塗装を終えた兜に取り付けました。兜らしくなってきました。

手作り甲冑

桐の木を削って作った獅噛(しかみ)です(上)。

下は、既作の手づくり甲冑「山」の獅噛です。

手作り甲冑

兜に取り付けてみました。

手作り甲冑

塩ビ板で兜のしころを作りました。

最下段の板には柿色の菱縫を威してアクセントにしました。 が、「黒」に徹しようと作りなおしました。

手作り甲冑

兜に取り付けました。

手作り甲冑

塩ビ板で作った胴と大袖と草摺です。

いずれも既作の手づくり甲冑と同じ製作方法です。

手作り甲冑

籠手の部品です。

ファイルの紙を接着し、硬化材で処理するとプラスチックのように硬くなります。

手作り甲冑

膝を守る武具・佩楯 (はいだて)です。

切り出した200枚の小板を塗装して平紐でつないで「龍」を描きました。が、どう見てもヘタくそです!

失敗です・・・! これは処分し、佩楯は既作の手づくり「山」のを併用することにしました。



製作記にならない製作記ですが、この甲冑は途中から人工漆(うるし)塗装とし、スプレー塗装を終えた部材も漆で塗り替えました。

深みのある艶や強い塗膜などのメリットは、塗る手間や長い乾燥時間などのデメリットを差し引いても余りあるものがあります。

▲ このページのトップへもどる
▲ このページのメニュー位置へもどる