タイトル画像

 トップページへ

着用手づくり甲冑

手づくり甲冑/天

手づくり甲冑/地

手づくり甲冑/雲

手づくり甲冑/山

手づくり甲冑/影

手づくり甲冑/翔

兎耳形兜 

畳み兜

ピンクの甲冑

手づくり太刀

手づくり火縄銃

壁掛け兜

壁掛け兜/壱

壁掛け兜/弐

壁掛け兜/参

壁掛け兜/四

壁掛け兜/五

壁掛け兜/六

手づくりミニ甲冑

ミニ甲冑/い

ミニ甲冑/ろ

ミニ甲冑/は

ミニ甲冑/に

ミニ甲冑/ほ

ミニ甲冑/へ

ミニ甲冑/と

ミニ甲冑/ち

ミニ甲冑/り

ミニ甲冑/ぬ

ミニ甲冑/る

ミニ甲冑/を

デスクトップ兜

大角兜

朱塗兜

いろいろPhoo

いろいろPhoto

製作記

天の製作記

地の製作記

雲の製作紹介

山の製作記

影の製作記

翔の製作記

ミニ甲冑の製作記

手づくりヒント集

はじめに

材料と用具

製作の共通事項

兜をつくる

胴をつくる

大袖をつくる

籠手/脛当をつくる

面頬をつくる

佩楯をつくる

鎧櫃をつくる

参戦!

ミニ甲冑をつくる

 
デジタル図鑑

デジタル甲冑図鑑

参戦記 

参戦記




手づくり甲冑/翔

2019. 11. 3   

手づくり甲冑6作目の「翔]です。

手作り甲冑

ほんまさんのまち 京都/亀岡から、京/本能寺へ兵を向けた明智光秀 は、戦いによって戦国の時代を翔けぬけた人でした。 

ただし、光秀の所用甲冑は現存しません。

そこで、光秀への願いや想いなどによる時代錯誤や虚飾化を一切排除し、光秀が生きた時代の歴史的考証を踏まえ、光秀が着用したであろう戦国甲冑を推測製作しました。

呼び名は、戦国を翔けぬけた人/光秀の甲冑 です。

本甲冑の基本材料のほとんどは紙を液体レジンで硬化させたもので、人工漆で塗装して仕上げました。

手づくり甲冑

兜は、戦国時代の最先端であった頭形兜です。

越中頭形兜です。

吹返し等の不要な装備は無く、防御性に優れた日根野しころなど、機能最優先の兜です。

金銀装の飾具や有色の威し糸などの虚飾はすべて排しました。

手づくり甲冑

光秀は、不動明王を信仰していたと伝えられています。

機能優先の甲冑で、光秀が、己であることを示したのは、不動明王の象徴である倶利伽羅剣の前立ですあろうと考えました。

倶利伽羅剣の前立は、プラ板と紙で成形/着色しました。

手づくり甲冑

弓矢の防御のために備えられていた大袖は、戦さの形態の変化によって無用の装備となりました。

大袖にとって代われらた小鰭は、光秀も機敏な動きを約束したでしょう。、

 この甲冑の製作記はこちら

▲このページのトップへもどる
▲このページのメニュー位置へもどる